このこのごはんお試し給餌量

「このこのごはん」お試し前に知っておきたい対象年齢と給餌量

このこのごはん」のお試しをする際に、

  • 実際に自分の愛犬に適しているのか?
  • 与える量はどうするのか?

そんな情報が必要です。

そこで、このページは「このこのごはん」の対象年齢と給餌量をついて解説します。

『このこのごはん』対象年齢

このこのごはんお試し給餌量

このこのごはんの対象年齢は生後2カ月からシニアまで、つまり全ライフステージ対応となっています。

子犬の場合には、成長期のため成犬より多くの量を与えます。
しかし、子犬は一度に食べられる量が限られているので、1日に3~5回に分けて与えてください。

逆にシニアの場合には、指定の給餌量より10%~30%程度少なく与えます。

一度に沢山の量を減らすと愛犬のストレスに繋がるため、10%程度から徐々に給餌量を減らしてください。

 

「このこのごはん」お試しに必要な給餌量

このこのごはん

給餌量は以下の表の通りです。

このこのごはん給餌量表(簡易)
体重 1~3kg 4~6kg 7~9kg
4か月未満 61~140g 114~236g 264~319g
4~9か月 51~117g 145~196g 220~226g
9~10か月 41~93g 116~157g 176~213g
成犬 28~73g 79~123g 120~167g

『このこのごはん』お試しの給餌量に関する注意

給餌量は1日分の与える「このこのごはん」の重さです。

もし、愛犬の給餌量が140グラムであれば、
朝が70グラム、夜70グラム
というように分けて与えるようにしましょう。

お試しでも必要になる段階的な移行方法

ドッグフードの切り替えは、今までのドッグフードに『このこのごはん』を少しずつ混ぜて、愛犬が新しいフードに慣れるようにして行きます。

移行方法は以下の表の通りです。

お試し移行

少し手間が掛りますが、この段階的なフード切り替えを行わないと、ワンちゃんがこのこのごはんを食べてくれないことがあります。

そのため、積極的にこの段階的な移行方法を行ってください。

このこのごはんお試しの対象年齢・給餌量まとめ

このこのごはんいかがでしたでしょうか?
このこのごはんはオールステージ(全年齢)対応のドッグフードなので、どんなワンちゃんにも安心して与えることが可能です。

また、給餌量はしっかり給餌量表を守って与えるようにしましょう。

正しく守らないと、栄養不足や肥満に繋がります。

新鮮な水は常に飲めるように準備しておいてください。