犬アレルギー

「このこのごはん」お試しで事前確認しておきたいアレルギー物質

このこのごはんお試しする際に、アレルギー物質が入っているか事前に確認しておきたい。

確かにアレルギーを発症したことのあるワンちゃんにお試しするなら、確認無しに「このこのごはん」のお試しは出来ないですよね。

そこで今回はこのこのごはんのお試しで事前に確認しておくアレルギー物質についてご連絡しましょう。

「このこのごはん」お試しで事前確認しておきたいアレルギー物質

犬アレルギー

アレルギー症状と原因

アレルギーは一概に食物だけではなく、

  • ノミダニ
  • 花粉
  • ハウズダスト

これらによってもアレルギーを発症することがあります。

しかし何と言っても犬のアレルギー物質の多くは食物です。
食物アレルギーになると

  • 背中
  • 口の周り
  • つま先足裏

等に赤く腫れあがったり、湿疹ができたり、毛が抜けたりします。

愛犬が痒がったり、毛が抜けたり、身体を舐めたり、下痢や嘔吐などしたら注意してください。

食物アレルギーの種類

食物アレルギーは主に以下の3種類があります。

植物性たんぱく質

アレルギー物質小麦・トウモロコシ・大豆などの穀物でアレルギー反応を起こすことが多いです。
このこのごはんには、小麦・トウモロコシ・大豆を含んでおりませんので、それらによる心配はありません。
使用されている穀物の大麦や玄米は穀物ですが、アレルギーを発症し難い種類のため、大麦や玄米がアレルギー物質と医師の診断が無ければ、問題ないでしょう。

 

動物性たんぱく質

動物性たんぱく質でアレルギーを発症しやすいのは「牛肉・豚肉・卵白」です。このこのごはんには、これらの肉類は使用されていないので、まずは安心です。

ただし、ワンちゃんによっては「鶏肉・鹿肉・卵全般」にも反応することがあります。もし、「鶏肉・鹿肉・卵全般」でアレルギー反応が事前に認められていたら、このこのごはんのお試しは中止しておいた方が安全です。

しかし、鶏肉・鹿肉・卵全般でアレルギーが出る可能性は低いので、まだアレルギーを発症していなければ、このこのごはんのお試しをしても良いと思います。

人工添加物

近年最も発症が多いと言われているのが人工添加物によるアレルギーです。
スーパーやホームセンターで販売されているフードのほとんどに含まれているので、この人工添加物でアレルギーを発症するケースが増えています。

このこのごはんは人工添加物が無添加なので、人工添加物でアレルギー反応が起きていたワンちゃんは、短期で赤みが収まったり、併発していた涙やけが解消したりすることが多いのです。

「このこのごはん」お試しで事前確認しておきたいアレルギー物質のまとめ

このこのごはん

このこのごはんは色々な食物からバランスよく栄養を摂取でできるようになっているので、ワンちゃんによってはアレルギー物質が含まれている可能性は否定できません。

ただし、大半のワンちゃんのアレルギー物質は使用しない構成になっているので、アレルギー物質が特定できていない場合には、お試しを進めて良いでしょう。

また、このこのごはんは複数の食材を使用しているので、特定の食材に偏らないので、これからアレルギーを発症する可能性も低く抑えられていると考えて間違いありません。

あなたの「このこのごはん」のお試しが成功することを心からお祈り申し上げます。

 
注目 このこのごはんお試し詳細